オリジナルエコバッグを作成して楽しんでみよう

エコバッグ29

最近はレジ袋の有料化なども進んできているため、エコバッグを利用する方も増えてきています。エコバッグは購入することもできますが、いまいち自分の好みでなかったり、気に入ったものが見つからなかったりしがちです。

そういったときにはオリジナルエコバッグを自ら作成してみましょう。毎日の必須アイテムがお気に入りになれば暮らしも楽しくなるはずです。

『展示会用のオリジナルエコバッグが作れる人気サイト8選』

お裁縫が苦手な方でもできる

エコバッグ44

オリジナルエコバッグを作るとなると、バッグ自体を一から作らなくてはならないと考える方も多いでしょう。そうするとお裁縫が得意でないとできない、とあきらめてしまいがちです。実用的なものを作ろうとするとしっかり縫製しなければならず、ミシンなどを持っていないとできないと考えてしまうことも多くなります。

しかし、ベースがある程度できているものを利用してアレンジしていく形であれば、特にお裁縫が得意でない方でも取り組むことが可能です。ほかのアイテムに比べてエコバッグはシンプルな形なので、手を加えやすいメリットもあります。

もっとも簡単な方法として、布に対応したペンやスタンプでアレンジをすることが挙げられます。ベースをお気に入りの色や大きさのバッグにして、それに自分の好みの柄を入れていくのです。絵をかくのが好きという方は自分でペンを使って絵をかいていけばよいですし、絵が苦手な方でもスタンプを使えばきれいなデザインをエコバッグにつけていくことができます。

お絵描き感覚で好きなデザインのオリジナルエコバッグが作れるので、大人の方はもちろんお子さんも取り組みやすく、家族でオリジナルエコバッグ作りを楽しめます。できたものが日常生活の中で使えるのも楽しさをアップしてくれるポイントです。

ちょっとグレードアップさせたいときに

エコバッグ34

ペンやスタンプで自ら柄を入れていく形は、すでに経験している方も多いでしょう。そういった方がもう少しグレードアップしたデザインを施したいというときにおすすめなのが、ワッペンなどでワンポイントを付けることです。

ワッペン自体を自分で作れるという方は作ってもよいですが、市販のワッペンなどでも素敵なものがたくさんあります。そういったものを取り付けるだけで見た目の良いオリジナルエコバッグに仕上がります。ワッペンには縫い付けるタイプと、アイロンで接着するタイプ、シールのように貼るタイプなどがあります。

デザインの好みのほか、取り付けやすいかどうか、耐久性がどうかということも考えて選んでみましょう。また、きれいなボタンなどを装飾として付けることもできます。美しい細工のボタンなどもあるので、デザインのポイントとなるようなものを選んでみましょう。

家の中に半端になったきれいなボタンが眠っている場合には、それを生かしていくチャンスとも言えます。見た目的にもきれいなボタンは役立ちますが、ボタンとともにゴムなどを縫い付け、エコバッグをたたんで止められるような工夫をするのもおすすめです。

実用性のアップにもつながり、より使いやすいエコバッグに仕上がります。

『エコバッグの普及とオリジナルデザイン』

一から作れればより自分好みのものができる

お裁縫が得意、という方はすでにエコバッグのベースができているものではなく、自ら形を一から作っていく方法をとることも可能になります。バッグの大きさなどは日常使っていく中で大きなポイントとなってきます。自分にとって使いやすいものが見つからないようならぜひ作ってみましょう。

お買い物で使う場合には底にまちをとっていくのがおすすめです。幅のあるものが入れやすくなり、使い勝手がよくなります。このような形の工夫をしながら使いやすいものを作っていきましょう。エコバッグは重いものを入れることも多いので、自ら縫製する場合には丈夫さも大きなカギとなってきます。

力がかかりそうなところや持ち手の部分などは二重に縫い付けるなど、耐久性を高める工夫ができるとよいでしょう。布地によっても耐久性が変わってきます。食料品など汚れがちなものを入れる際には頻繁に選択することになりますので、洗いやすい素材で作るのもおすすめです。

このような形で細かく使いやすさをアップする工夫をしていきましょう。

持ち歩きを考えて作る

エコバッグは普通のバッグと異なり、出かける際にはたたんで持ち歩くものです。その際にできるだけ持ち歩きやすいように工夫をしていくことも使いやすさのポイントとなります。ポケットなどがあり、そこに畳んだバッグを収納できるものはコンパクトに収納しやすく、常に持ち歩くことがしやすいのでお勧めです。

畳んだだけではバッグの中なのでばらばらに広がりやすくなり、場所をとってしまうこともあるので、まとめられる工夫は必須です。ポケットを設ける以外にも、ゴムでまとめたり、ベルトでまとめたり、ばらばらにならない工夫をしていきましょう。

また、小さなバッグではエコバッグが収納しきれないこともあります。そのようなときにはマスコットのようにぶら下げられるような工夫ができると使いやすくなるでしょう。紐やカラビナなどの金具を付けておくことで、バッグや服のベルト部分などに着けて持ち歩くことも可能になります。

いつ必要になるかわからないエコバッグですから、こうした持ち歩きの工夫は必須といえるのです。

多くの枚数が必要なら業者に依頼

自分が使いやすいように作る、というだけではなく、グループで使用するなどほかの人にも配る場合などは一つ一つ作ることが難しいこともあるでしょう。同じクオリティでデザインすることも難しいかもしれません。そのようなときには業者にオリジナルプリントの依頼をしてみましょう。

本格的な布への印刷技術があれば美しいプリントが可能です。シンプルなロゴなどもきれいにプリントされていれば映えます。みんなで共通のものを使いたいときや、粗品などとして渡すものなどはきれいに同じものが作れる点がポイントとなってきます。

手作りすることの暖かさは魅力ですが、きれいに作り上げたいときにはぜひ業者でのプリントを利用してみましょう。

どういったものが欲しいかを考える

オリジナルエコバッグを作る際には、どのようなものが必要なのかから考えてみましょう。シンプルなものが欲しいのか、工夫を凝らしたデザインのものが欲しいのかで作り方や必要なものが変わってきます。自分の技量やほしいクオリティによっては、無理に自分で作ろうとするのではなく業者に依頼するのも手です。

ぜひ、自分に合わせた一品を作り上げて利用してみましょう。

『オリジナルエコバッグを作りたい!イベントのノベルティにもおすすめの業者をご紹介』